野迫川村の雲海

以前から写真雑誌等で見て憧れていた景色のひとつに“野迫川村の雲海”ある。
暗い中で現地に到着しても場所が分からないだろうと思い、昨年の12月に野迫川村を訪れ、雲海景勝地の記された地図を役場でいただき、場所を確認しておいた。

そしてようやく実現した雲海との遭遇である。
予定では、1日に訪ねる予定を天気予報では雨天のため、前日の土曜日に訪問することにした。
家を午前2時過ぎに出発、天狗木峠に到着が3時半前だった。
辺りは真っ暗で、眼が慣れるまでには少し時間がかかる。
ただ、予想以上に雲海が白くたなびいているのが目視出来た。
空には満天の星が煌めいて最高の日に来れた事を感謝。
流星群で話題となったオリオン座も見られる。
流れ星も見られた。
早速にカメラをセットし、長時間露光で撮影を開始する。
28-300mmのレンズ(F3.5-6)を装着し、F8で30分間露光したのが上の作品である。

e0193503_13252140.jpg


e0193503_1326434.jpg


次第に白むのが感じられるようになり、最初は2人だったカメラマンも少しずつ増えていった。
撮影予定では、天狗木峠で少し撮影し、夜明けは高野辻で撮影をする予定をしていた。
陽が上る位置を他のカメラマンに訪ねると、正面から上るとのことでここでの撮影を決めた。
残念ながらほとんど雲もなく、朝焼けは少しだけだったが、大満足のいく初体験であった。

e0193503_1328834.jpg


e0193503_1328507.jpg


朝焼けを撮影後、高野辻で少し撮影をし、立里荒神社へと移動する。
そしてここからは紅葉撮影に切り替えての活動である。
[PR]
by kazemai719 | 2009-10-31 20:21