高野山の雪景色

雪景色の撮影をしたいと願っていたが、遂にその機会がやってきた。
観光協会に電話で確認したら40cmの積雪があるという。
南海電車を乗り継いで高野山へ出かけた。
「極楽橋」駅から「高野山」駅へはケーブルで登る。


e0193503_124195.jpg



「高野山」駅周辺は積雪も多く期待が膨らむ。
高野山内一日フリー乗車券(800円)を購入する。
バスに乗り換えて、まずは「金剛峰寺」へ…。
金剛峰寺は雪の中にあった。
撮影をするが空の様子は宜しくない。
“壇上伽藍”の中心でもある「根本大塔」は、朱塗りの大塔が雪に映えていた。
青空が欲しいところである。


e0193503_1265951.jpg


e0193503_1273632.jpg


しかも雪の輝きでハレーションを起こしてすっきりとしない。
「金堂」、「御影堂」、「西塔」、「東塔」、「明神社」、山王院」などを回る。
車で来るときにいつも横目で眺めて通り過ぎていた「大門」まで歩く。
高野山へは何回も訪れているが、「大門」へ立ち寄るのは初めて。
高さ25mの大門は、両脇に金剛力士像があり、威風堂々としている。
壇上伽藍近くまで引き返しバスで「奥之院」へも脚を延ばすことにする。


e0193503_1285037.jpg



「奥之院御廟」をお参りして、途中までバスで帰って「徳川家霊台」に立ち寄る。
今日は無料で拝観できた。
誰もいなく雪の中に立派な家康と秀忠の霊台があった。
ブラブラと雪道を「女人堂」まで歩く。


e0193503_129446.jpg


ここからは南海バスの専用道で歩くことも出来ない。
バスもあるが下り道なので雪道を「極楽橋」駅まで2.5kmを歩くことにした。
久しぶりに雪景色を楽しんだが、作品は納得のいくものは皆無であった。
またの機会にチャレンジしたい。
[PR]
by kazemai719 | 2011-01-03 20:29 | 風景