秋の蒜山高原から大山へ

家を早朝に出発して、中国自動車道から米子自動車道へ入り、蒜山ICを下りる。
蒜山高原には8時過ぎには到着。
雨降る中を秋色を探して撮影を開始する。
まず目に飛び込んできたのが鮮やかに色付いた銀杏の樹である。
般若寺入口に見事な銀杏が黄葉していた。
小さなお寺であるが釣鐘の傍にもモミジの紅葉があった。
色んな角度から撮影をたっぷりと楽しむ。
ヒルゼン高原センター横の放牧場にも秋色を見つけることが出来た。
雨の中で撮影は大変だが、しっとりした紅葉黄葉を撮影することが出来た。
蒜山高原はリゾート地でもあり、見どころがたっぷりである。
実家から車で1時間ほどで来れる為、必ず出掛けて来るところである。
ここに載せた写真は、「三木ケ原の放牧場」、「オートキャンプ場」、「自然牧場公園」で見つけた秋色である。
天気がよいと蒜山三座のなだらかな山並みも見え、放牧場などをサイクリングなどで巡るのも楽しい。


e0193503_15283451.jpg


e0193503_1529190.jpg


e0193503_15292511.jpg


「休暇村蒜山高原」前の道路を進むと“蒜山大山スカイライン”が奥大山へと続いている。
ブナ原生林の黄葉の中を走ると「鬼女台展望所」があり、黄葉したブナ原生林や蒜山高原が箱庭のように眺められる。
雨の中をたくさんの観光客がいたが、時折霧が晴れて景色が覗くと歓声をあげて喜んでいた。
いつもは立ち寄る奥大山にある「鏡が成国民休暇村」も通過して先を急ぐことにする。


e0193503_1551536.jpg


e0193503_155606.jpg


環状道路を進むと「奥大山スキー場」の広い広場があり、のんびりと散策するのも楽しい。
ナナカマドの紅葉も見られとても綺麗である。
一番のビューポイントは「鍵掛峠」からの眺めである。
大山北壁と手前に広がる黄葉紅葉が見事である。
この日は生憎の天候で北壁はガスに隠れていたが、前日は素晴らしい天気で見事な景色が楽しめたようだ。


e0193503_1555690.jpg



「桝水高原」から「大神山神社」のある「大山寺」周辺も紅葉が見事であるが、駐車スペースがなく車中から景色を楽しむだけになる。
悪天候にも係わらず、観光客の多いのはさすが紅葉名所である。
是非この素晴らしい景色をたくさんの人に楽しんで欲しいと思う。


[PR]
by kazemai719 | 2011-11-05 18:06 | 風景