京都嵐山花灯路を行く

紅葉のシーズンも終わり、観光客の少なくなるこの時期に、渡月橋を中心にした嵐山周辺では、「京都嵐山花灯路2013」が開催されている。
12月14日(土)、午後5時のオープニングイベントが、中ノ島公園で行われ、23日(祝)までの期間でライトアップが行われる。
初めての体験として、三脚にカメラをセットして出掛けてみた。
体験したコースは、野宮神社から竹林の小経を散策し、亀山公園から渡月橋に至るコースである。
5時半頃から散策を開始したが、すでにすごい数の人、人、人である。
初詣の様な状況が竹林の小経をゆっくりと進む。


e0193503_21182485.jpg


e0193503_21185671.jpg


確かに、幻想的な風景がセッティングされており、「きれい!きれい!」の声がたくさん聞かれる。
一番のポイントの竹林の小経では、レンズを上に向けての、長秒露出による撮影を試みるが難しい。
亀山公園を下りて、桂川畔まで来ると、向こう岸にある嵐山が照らされてきれいである。
渡月橋もたくさんの人の流れで大変である。
渡月橋を渡ったところでUターンして引き返して、今日の撮影を終了することにした。


e0193503_21193726.jpg


e0193503_2120758.jpg



e0193503_21203728.jpg


[PR]
by kazemai719 | 2013-12-14 21:23 | 風景